同業種への転職

今や転職サイトや転職エージェントなどのサービスが充実し、多くの人が以前よりも簡単に転職できる時代になりました。しかし、転職を機に多くの人が自分の興味や適性に合った新天地で活躍しているかと思えば、実は転職する人のほとんどが転職先として選ぶのはこれまでと同業種の企業だそうです。なぜ多くの人がわざわざ今の仕事を辞めてまで同業種の企業へ転職するのでしょうか?今回は多くの人が同業種の企業への転職を選ぶ理由を明らかにし、上手く転職する方法を紹介します。

なぜ多くの人がわざわざ今の会社を辞めてまで同業種の企業への転職を選ぶのでしょうか?その理由をまとめてみました。
・人間関係や環境だけを変えたかったから(会社での人間関係でトラブルを抱えた人は同業種の企業へ転職する傾向にあるようです)
・待遇面がアップする(収入や福利厚生などの待遇に不満を持った人は待遇アップを狙って同業種の企業へ転職する傾向にあるようです)
・キャリアがアップする(以前の会社よりも仕事内容やキャリアが向上する場合、その企業へ転職する人が多いです)
・リスクが少ない(すでに能力や経験があり、失敗するリスクが低いため気軽に転職することができます)
・これまでのキャリアが活かせる(これまで身につけた経験・知識・技術を活かすことができるため、あまり不安を感じずに転職に踏み切れるようです)

これらの理由をまとめると「仕事」でなく人間関係や待遇、環境など「職場」に不満を感じた人は同業種の企業へ転職する傾向が強いです。

即戦力であることをアピール
同業種への転職を考えているのなら、あなたの強みは実力と経験です。新卒者や他のライバルに差をつけるためにこれらをしっかりアピールすることが大切です。その際、資格や実績といった形で示せるとなお良いでしょう。
志望理由を誤ると致命的
同業種から転職を希望する人を企業は疑います。業種が同じだからこそ「なぜ前の会社ではダメなのか?」「なぜうちの会社なのか?」という質問にしっかりと答えられなければなりません。もしも「前の会社は待遇が良くなくて…」や「人間関係でトラブルがありまして…」などネガティブな回答をした場合、採用で不利になってしまいます。前の会社との違いや志望する企業でやれることをしっかり伝える必要があります。

いかがでしたか?経験を積んできた同業種への転職をする場合、あなたは採用に有利なはずです。今回紹介したポイントに注意して確実に内定を勝ち取りましょう。